HOME>イチオシ情報>医療事務の1日はどのような流れでしょうか?

医療事務の1日はどのような流れでしょうか?

事務員

1日の間に様々な業務がありますので、しっかり把握しておきましょう

医療事務は、医師や看護師と違って、専門的ではない仕事も含めて医療機関のサポートを全面的に行います。例えば、医師は診察を主に行い、看護師はそのサポートをしますが患者さんへの対応やクリニックの清掃なども医療事務の仕事になるのです。また、電話対応や予約の対応などもあります。様々な業務を同時並行でこなせることが大切です。

医療事務の1日の仕事の流れを解説!

診察券

朝はクリニックの掃除から始まります

多くのクリニックは、朝9時または10時ごろに開院します。開院前の掃除や、開院の準備をするのは医療事務の仕事です。受付を整え、患者さんを迎え入れる体制を整えます。スリッパの準備や、植木の清掃などを含むこともあります。小さな子供が触っても大丈夫なように掃除します。

受付時間中は、受付と会計で大忙し

クリニックが診療を受け付けている間、医療事務が受付の仕事を行います。患者さんを案内します。このクリニックに来院するのははじめての患者さんなど、必要であればカルテを作成したり、会員証を発行したりします。もちろん、診療後の会計のお仕事もあります。

お昼休みは午前の片付けと、しっかり休むこと

医療機関では、昼休みが比較的長い傾向にあります。13時ごろに午前の診療が終わり、15時半ごろから午後の診療開始するところが多い模様。午前中の患者さんのゴミなどを片付け、午後に向けて準備をします。しっかり休んで、午後に備えることが大切です。

診療時間が終わったら、レセプトの確認があります

クリニックの診療が終わったら、確認業務に移ります。その日のレセプトを確認し、間違いがないかなどを確認するのです。間違いがあった場合、患者さんに連絡をとって調整することもあります。また、これはクリニックの収入に関わる重要なものなので、間違いがないように注意して行わなければいけません。

広告募集中